「た く な る 力 養 成 講 座」開催です。

た く な る 力 養 成 講 座」開催です。
http://speedcoaching.jp/takunaru/

「は? 結局、たくなる力って何よ! 知らないし。」
と突っ込みたくなるよね。

ごもっとも、ごもっとも。

たくなるとは、
Make someone want to do sosmething!
あなたの何かのアプローチで、誰かが何かをし「たくなる」スキル&サイエンスなのだ。

人が何かの行動をしたくなってしまう。
何かを、食べ たくなる。飲み たくなる。 行ってみ たくなる 。知り たくなる
人に伝え たくなる。もっと買い たくなる。 聞き たくなる。 見 たくなる。
などのたくなる感情を起こさせる感情喚起を体系化したサイエンスとスキルだ。

つまり、人を動かす力 人をインスパイアする技術、人をワクワク行動に駆り立てる法則!
優れたリーダー達が持つ、統率力や影響力、決断力、目標設定力、などを統合した力

あなたに肩書きがあるとき、部下があなたにアドバイスを求め指示を聞くのは、
あなたに権力のレバレッジがあるからだ。

あなたの部下は、あなたが会社の上司でなくても、
会社からの給料をもらっていなくても、あなたを尊敬しあなたのアドバイスを求めるだろうか?

もしあなたが相手に対して、何の力も、何のレバレッジもないにもかかわらず、
人があなたの提案やオファーを受け取りたくなってしまう、
そんなアプローチの仕方があるのだ。

それが「たくなる力」

http://speedcoaching.jp/takunaru/

アンソニーのイベントで、毎回チャリティーの寄付を募集している。

やりかたはこうだ。

各チーム約50~80人程度がセミナーの合間に、30~40分ほどのグループミーティングをする。
その時にトレーナーとシニアリーダー達が5~10分ほどアンソニー財団への寄付のアプローチをするのだ。
その時に、たった、5分話をする。

そして実はこの寄付の金額は後で発表されて、最も寄付金額が多いチームが
セミナー会場で前の方に座れるのだ!

参加者達は、すでに5000~8000ドルも払ってきている人たちで、裕福は人もいるけれど、
大金を払ってしまった直後で財政的に厳しい人も少なくない。

それでもやはり貢献意識の高い人が多く集まるセミナーなので、
大体のチームは、50万円程度を集める。

トップクラスのチームは100万円以上!
それもすごいチームだとなんと500万円も集めるチームもあるのだ。

50人を前に5分間アプローチして、500万円というと、1分100万円で寄付は一人頭10万円だ。
考えられる?
ものすごいたくなる力!とたくなるスピーチ!

ここで僕は鍛えられた。
5年間これをやり続けて、ここ2年ほど記録を塗り替え続けている。
僕はよく日本人のチームを担当するのだけど、日本人のチームであっても
なくても、僕のチームは常に1番なのだ。

そして、去年の寄付額が1200万円。
なんと一番多い100万円台のチームの10倍以上の金額で記録を作った。
そして今年の寄付額が1900万円!

5分間のアプローチで集めた寄付が1900万円だった。
70人相手に5分間のスピーチ。
1分あたり300万円以上、1人あたり27万円を超える寄付

もちろん大型の寄付もいくつかあるが、ほとんどはみんなの心からのがんばった寄付だ。

それがクリス岡崎の「たくなる力」

アンソニーロビンズのコミュニティーで2年連続でNO1モチベーターに輝いた。
「たくなる力」

人が共感し、感動し、心を動かし、多少の犠牲を払っても行動したくなる力
クリス岡崎のセミナーも同じ。

毎回何人ものボランティアがセミナーを支える。お金をもらってやっているのではない。
みんなボランティアで手伝う事に誇りを持っている。そしてその時ボランティアのメンバー達に
仕える事としての「仕事」意識はない。志の事として、きっちりとして「志事」をしている。

だからそこには貢献と感動と喜びがあふれてる。

もちろん僕はこれもアンソニーから学んだ。
お金をもらうより大切な事と感じる事に人々が強力する。

これも「たくなる力」

ちょっと、考えて見て、
「もし、あなたが、多くの人が何か行動したくなるようなアプローチの仕方を学んだら。」
今から5年後、あなたはどこで何をしてますか?

僕はこのスキルを学んで5年。
好きな所で好きな事をして、大切だと思える事にフォーカスした人生を生きている。

もちろん逆境もあった。今でも困難に直面する事もある。
でも生きる事に誇りをもって、毎日を充実して生きている。

もしかしたらあなたにも、同様の変化が起こるかもしれない。

そのきっかけになるものは色々あるだろう。
本の影響、日常の気づき、誰かの話を聞いて・・・。
色々そのきっかけになる可能性はあると思うけれど、
このセミナーがそのきっかけになる可能性は、他の100倍以上高い。

僕は、大人達がこのスキルを学んでくれる事を願っている。
学校の先生達にもマスターして欲しい、
医療関係者がこれを知っていてくれると本当に感謝だ。

ママやパパがこれを知っていると、子供が楽だ。
夫婦で知っていると、ラブラブな旗艦が10倍は伸びる。

経営者が知っていれば、部下は嬉しいだろうなぁ。
起業家には絶対に必要なスキルだと思える。
当然、セールス関係の人は、これを知らないと絶対に損してる。

誰かに強制する事なんて何もない、
ただ人が、行動を起こしたくなる。よろこんで行動してしまうスキル。

これが「たくなる力」だ。

ちょっと目をつぶって、
今から1年後、あなたが「たくなる力」の達人になった事を想像して欲しい
日常生活の質は変わるだろうか?
日常的に感じる感情の質はもっと明るく、前向きで楽しくなるのではないだろうか?
今直面しているどんな問題が解決するだろうか?
どんな気持ちになれるだろうか?
(前回の受講生は、「魔法使いになった気分」だと表現した。)

そして、そのまた1年後、あなたが「たくなる力を失った」状況を想像して欲しい。
いきなり人が、あなたの言う事に耳を傾けなくなってしまったら。
その時どんな気持ちだろうか?

さて「たくなる力」のない人生を比較してみてどう感じた?
これから人生50年、もしかして70年生きる予定として、

このたくなる力を知っている、知らないでは、かなりの違いをもたらす。
人間関係から感じる感情の度合いは何百倍にもなる。

さあ、あなたは「たくなる力」のある人生を生きたいですか?
それとも「たくなる力」を知らない人生を選びますか?

たくなる力の達人、たくなるマスターになりたいと思うなら、
「たくなる力養成講座」に一度足を運んでみる事をお勧めする。
海外で5分で1200万円、別の5分で1900万円の寄付を集めた男
10分で3000万円を集めた男。

最強のたくなるスキル、
クリス岡崎の
「しょっぱい人参スキル」を手に入れろ!

http://speedcoaching.jp/takunaru/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る