すでに知っている700語で英語が話せる!

やっほ~、クリスです。

みんな、ぼくの新刊、もう読んでくれたかな?

30分で英語が話せる/クリス 岡崎
¥1,575
Amazon.co.jp

「英語が話せる」ってほんっっっっっとに
楽しいものだよ!!!

それをみんなに味わってほしくてこの本を書きました。

1みんながすでに知っている
「700の英単語だけ」で会話ができる

2「たった6個の正しい発音」を覚えるだけで
ネイティヴに「英語が通じる」ようになる

たったこれだけだから、「30分で英語が話せる」ように
なっちゃうってことなんだ。どう?すごいでしょ?

「英語が話せない!」と思い込んでいる人に質問!

この英単語の意味、知っているかな?

・テーブル(table) ・ウィンドー(window)
・ペン(pen)     ・テレビ(television)
・ラジオ(radio)   ・コンピューター(computer)
・カメラ(camera)  ・テレフォン(telephone)
・スーツ(suits)   ・パンツ(pants)
・スプーン(spoon) ・フォーク(fork)
・バイク(bike)   ・フラワー(flower)
・ホワイト(white) ・ハット(hat)

えっ、全部知っているって?
そりゃ、すごい!だって、アメリカ人100人に
table(机)、hat(帽子)、flower(花)を
「日本語で言ってみて?」って質問したら
ぜんぶ答えられる人は、ほとんど「0人」に近いと思うよ。

つまり、僕たち日本人は、思ったより多くの「英単語」を
すでに知っているってことなんだ!

僕たちのまわりには、「日本語(カタカナ語)になっている英単語」が
あふれているんだよ。

それ以外にもHe、 She、 It、 Thisなど知っている英単語があるから
英語にかなり自信がない人でも「200~300語」ぐらいの
英単語は知っていて、中学校で英語を習ったことがある人なら
「700語」くらいの英単語はすでに知っているんだよね。

で、実はね、「700語」は5歳のネイティヴが使う
英単語の量とおなじくらいなんだ。

それでも友達と遊んだり、先生と話したり
親や兄弟に自分の考えを伝えることができるじゃない!

難しい単語をたくさん覚えようとして毎回挫折するくらいなら

「今すでに知っている700語を使いこなす」ほうが
手っとり早いって気がするのは
僕だけじゃないよね!

本の中では、700語だけで話す方法や
楽しみながら英語を学ぶ方法を紹介しているから
ぜひ読んでみてね

アマゾンキャンペーンも始まったよ

↓  ↓   ↓

「たった700語の英単語」と「6つの正しい発音」で
あなたも英語が話せるようになる!!


アマゾンキャンペーン実施中!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る