エレベーターは乗り物だけどエスカレーターは?

  • 2012-3-29
  • エレベーターは乗り物だけどエスカレーターは? はコメントを受け付けていません。

以前駅で一番多い人身事故は

誰かがエスカレーターの片側を追い抜いていく時に

起こるという事を聞いたんだ。

だから急ぐ人のために階段があるんだって。

急ぐ人は自由に急いで歩けばいい。

そのために階段は広い。

階段は追い越ししていいんだ。

追い越したい人は階段があるんだ。

エスカレーターは基本的に、老人や子供連れのお母さん。妊婦さんや怪我をしている人や、大きな荷物のある人優先。

彼らがゆっくり安心して上がれるためにある。

急ぐ人のためには階段があって、そのために広く作られている。

それなのに、ゆっくり行きたい老人や子供達のための

エスカレーターに乗ってマナー違反なのに、

駆け上がって、ぶつかったりして

結局子供や老人が犠牲になってる。

急ぐなら階段があるのに、

わざわざゆっくり行く人達のためのエスカレーターに乗り込んで、

周りを急かして、さも自分が正義のように。

禁煙の場所で、タバコを吸って

「吸いたいんだから何が悪い!」みたいな態度に近いかもね。

一方通行をスピード違反で反対側から走ってくる車両みたい。

歩道をスピードあげて走ってくるバイクみたい。

マナー違反なのは、実際に危険で事故が起こり

犠牲者がいるからんだよね。

でもきっとみんなそんな事知らないから、

追い越させてくれない人を邪魔に感じるんだよね。

そして「チッ!」って舌打ちだ。

追い越して当然のように。

僕もその事を知る前にはそうでした。

偉そうに言えません。

でも知る事で少し見え方が変わった。

僕も偉そうに正義を振りかざさないように気をつけなくちゃ。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る