クリス本ベストセラーの秘密

クリス文体ってわかる?

僕のブログや本などで使われている、
語りかけるみたいな文章。

最初のこの本の時に、
クリス文体を発明!

最高の人生を引き寄せる法-可能性の扉を開く7つの鍵/クリス 岡崎
¥1,575
Amazon.co.jp

そしてそのクリス文体を発展させたのが、

億万長者 専門学校/クリス 岡崎
¥1,890
Amazon.co.jp

僕の本を読むとわかると思うけれど、
けっこう、

「ですます調」と「だよね調」「なのだ調」が混在している。

普通にこういうの混在してたら、読みにくいし、気持ち悪いよね。

でも、クリス文体では、あえて、混在させているんだけど、
なぜだと思う?

これは、

だよね調のカジュアルな感じで読み進み、

だよね。と合意を求められると、つい、

「うん。うん。」
と頷きがちになる。

(実際書店で、「本を見てうんうん頷いている人は、
たいていクリスさんの本を読んでいる人でしたよ。」と聞いたことがある。)

ここで、目から視覚的に入った情報が、
言語化され、インナーの聴覚で翻訳され、
からだを動かす事でインターの体感覚にコネクトされるという事が起きる。

そのあと、かしこまって、「~です。~ます。」が来ると、

読んでいる人も、ちょっと襟を正して、姿勢が変わる。

んだ。本を体感覚に結びつける工夫なんです。

ここでもう一つのクリス文体の
とっておきの秘密を教えよう!

アメンバ限定秘密バラシページに飛ぶ。

やっぱりアメンバ登録してくれた人に多少は、特別感が必要ですよね。
ここからは、
アメンバ限定秘密バラシページに飛ぶ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る