セミナーと日常の折り合いの付け方!

UPW(アンソニーロビンズのセミナー)から戻ってきた。
僕にとって7回目のUPW
 
今までに、多くの人とUPW,DWDなどに行って、
戻ってきてからの日常生活との折り合いの付け方について見てきた。
 
「セミナーで自分の新しいアイデンティティーを見つけた!
 もう何でもできる気がする」
 
「さて、日常生活に戻ると、あれは夢だったのか?と頬をつねってみたくなる」
 
「もういつもセミナーに行っていたい。今までの日常には戻りたくない!」
 
っていろんな人がいるもんだ。
 
ある人は、
セミナーから帰っても、日常の現実とのあまりの違いに、日常が嫌になってしまう。
それで、職業を変えたり、新しい冒険に出たり。
 
ある人は、
セミナーから帰って、自分が何でもできるような気がして、気が大きくなりすぎて
結果を甘く見て、大失敗してしまったり、
そこから学びさらに成長する人もいれば、
失敗にめげてしまう人もいる。
 
ある人は、
セミナーから帰って、静かなる情熱を秘め、
セミナーでのヒートアップ状態が少し冷めた感じではありながらも、
着実な変化を作りだしていく。
 
色々います。
でも、セミナーで大事なのは、結局セミナーに生きるのではなく、
僕らはセミナーから帰って直面する日常の現実が一番大事だって事。
 
日常の現実がいやになって、どこかに逃避しても、またいつか日常の現実に
戻ってくる事になってる。
 
だから戻ってきた日常そのものと、
自分の毎日の日常の現実をという環境を着実に変えて行く事なんだ。
 
自分を変え、日常を変え、日常の中に更なる喜びと可能性を見る力を得る事。
 
結局セミナーでしか幸せになれない依存した人になる事がセミナーの目的じゃない
 
自分の可能性を見て聞いて体験してきたら、
それを自分の生きる日常にいかに取り入れて、
日常で幸せになる事を学ぶ事。
 
そして日常に変化が欲しければ、投げ捨てるのではなく、
いやがるのでもなく、誰かのせいにするのではなく。
戦略的に変化を起こすスキルを持つ事だ。
 
多くの人が戦略を作るのを面倒がって
一か八かの適当な気分で日々を送っている。
 
根拠のない自信は重要だけど、
根拠のない自信と、戦略のない行動になってしまうと、
たんなる行き当たりばったりになってしまう。
 
それはまるで、車にガソリンがなく、ガソリンスタンドで給油もせず、
どんどん走りつづけるみたいだ。
 
高さを知らないで崖から飛び降りるみたいだ。
何が入っているかわからない古い飲み物をむやみに飲んでしまうみたいだ。
(実は先日ロスから戻って、空港で買った爽健美茶を飲んでいて、
 車の後ろにおいたスーツケースを片付けていた。
 その時なにげに手元にあった爽健美茶を飲んだら、
 冷たくない!生温い・・・・・・・。
 
 ぎゃー!、渡米前に買って飲んでいた爽健美茶だ。
 うげ~、味がへん~。飲んでもうた。
 
 という教訓から古い飲み物には、ちょっと警戒してしまう。)
 
パソコンで書きためた文章を、
保存せずに、パソコンを強制終了させてしまうみたいだ。
(これ今週3度もやった。)
 
 
 
つまり、いいたい事は、
 
セミナーが大好きなのはいいけれど、リアルライフが不満でそのまま
だから、セミナーでお客さんをやってり、スタッフをしても受け取るばかりだと、
 
昔の、年に何度かある、お祭りだけが楽しみな村人や、
日常はさえないけれど、サタデーナイトだけフィーバーする若者。
みたいになってしまう。
 
大人は、セミナーに行ったら、参加したりサポートしても、
モリモリと別の自分も育てながら、
盛り上がってエネルギーをもらってくる。
でもそれを上手に日常ライフが充実するように成長していく。
 
そしてリアルのライフでの充実や変化を最優先にする事だ
そして、リアルライフのサポートとして、セミナーなどがあるのだ。
 
セミナーは、学び、気づき、成長する最高の媒体にもなるけど、
その成長は日常の質をあげ、充実しますます幸せになる道具なんだ。
 
本やセミナー、
あなたは、学ぶ事が目的になってしまっていませんか?
学び、気づき、最高の人生を生きる自分になるためのものだよね。
そしてそれはセミナー会場ばかりではなく、
自分の日常に発揮されるものなんだ。
(もちろん一つのセミナーの結果が出るのに、1年ぐらいかかる事もあるけれどね。焦らない!)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る