タクシーが王様

今日は、オフィスから品川駅までタクシー移動。
でも流しのタクシー待ってたらほぼ120台ぐらい全部満車。

そして60分待って乗ったタクシーが王様ドライバーだった。

お客さんラッキーですとか、
感謝すべきとか、

確かにタクシーが見つかって嬉しいけどあんまり、感謝を押し付けられるとちょっと耳ざわりだ。
「悪いけど禁煙だけどタバコ吸いますよ。」
となって、

しまいには、
お客さん以外はみんな長距離ですよ。短距離じゃお金にならない。
品川駅こんでるし、

入ったらでて来れないし。時間がもったいないなぁ。

電車は止まってますよ。と
しまいには、ウソばかり。

でもいつものように降りるときチップをあげたら、
「余分にお金くれるならちゃんと言ってよ。」

本当にこの災害を自分の利益の事にしかみえてないみたいに見えた。

この人、きっと普段は
こうじゃないんだろうな。

でも、地震で夕べからタクシーが人気になって、需要と供給のバランスが変わった。
それでこんな態度なのかな。

別に嫌なら降りて下さっても結構ですよ。
他に客はいくらでもいますからね。(もっと金を払う客がほしいんだ。)

なんて言葉では言いはしないけど、
感じた。つたわってきた。

あー。僕らも気をつけよう。

気づかないんだ自分では、
見せてくれてありがとう。

こんなことありますか?

iPhoneからの投稿

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る