全ての物は預かり物

90%の人は、すぐに短期的な快感
(タバコ、アルコール、ゲーム、セックス、旅行、遊び)に飛びつくから貧乏になるし
人生の豊かさを手にする事はとても少なくなる。
(もちろん人生を楽しむ事はすっごい大事だけどね。)
 
長期的な快感
(家族関係、成長、英語学習、経済基盤設計、貢献、長期的な自由、自分のミッションを見つける、)を
真剣に求める人は本当に少ないね。
長期的な快感を優先すると、
豊かな人生、本当に望むものを手に入れ、
長期的な幸せと豊かさを手に入れる可能性がとても高くなる。
 
それが成熟する事。
未熟な時にはどうしても、うぬぼれと、不安、やりたい事が沢山あって、
ついでに欲望に振り回されて、望んだ夢もかなわなくなって、
誰かのせいにする人になってしまう事がよくある。
 
 
重荷を負って生きてるけど、笑顔で幸せ誰よりも自由で豊かだ!
 
やりたい放題と、勝手気まま、
でもちょとしたまわりの影響で、自由も豊かさも失ってしまう。
そんな人生はハリボテの城の住人みたいだ。
 
ちょっとの事で、夫婦関係、恋愛関係、経済基板などが脅かされる。
 
ん~~~。過保護に育った多くの人は、
不安な人間関係や、本物とは程遠い安定にしがみついてる。
 
 
もっと自由になろう。
それも本当の自由。
 
怖いのはわかる。みんな怖い。
 
でも、今怖がってるほとんどの恐れは
本当に一生関わる大事な事なのだろうか?
 
輝く人生とくすんだ人生の大きな違いは、
怖いから逃げる人と、怖いけれど前に進む人。
怖い事からも逃げないで前に進もう。
 
 
もちろん、
いい旅行は僕も大好きだ。
今回ロスで、旅行雑誌を2冊も買ってきた。
 
「絶対に見逃したくない世界の絶景100 2012年版」
みたいなのだよ。
 
でも何かのご褒美にするのがいいよね。
ご褒美ばかりを欲しがっている人生って、
結局素晴らしいものの、本当の素晴らしさに気づく事さえもなく、
素晴らしいギフトを当たり前のように感じで感動がなくなる。
 
「幸せは期待値しだい。」
 
今ある何かが失われてがっかりするなら、
すでにそれに「感謝してる」より「あって当然」になってる。
 
「あって当たり前」思考が人生をどんどん不幸にしてしまうんだよね。
 
 
 
僕はクリスチャン的な考え方で
 
「すべての自分の持ち物は神様からの預かり物」
 
「いつか返すときが来たら、預けてもらった事に感謝して
 喜んで返せるように大切にしよう。」
 
これ、マジで幸せな生き方を創りだす考え方だね。
 
すごいな。
 
 
という事で、
 
キリギリス脳には、気つけようね。
そして、長期的なプランと着実な成長で、
今までの自分にはありえないほどの素晴らしい人生を生きよう!
 
億専の最大のテーマは短期的な快楽より
長期的な喜びにフォーカスを変える事。
それが幸せな億万長者になっていく道なんだ。
 
 
全ての物は預かり物、感謝していつでも返せるように生きよう!
 
質問
「あなたが手放せないものは何ですか?」
 
もしかしたら、
それがあなたが幸せになる事を遮っているものかも知れないね。
そんな風に考えてみるのも、面白いかもね。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る