失敗する理由

リーダーが失敗するには2つの理由がある。

そうリーダーは人一倍失敗するのだ

自分が失敗をして落ち込んでいる時に、

誰かが
「ああ、私もそういう経験がある。
そうそう、痛いよねぇ。それに怖い!わかるわかる。
でもなんとかなるもんだってわかった。
だから心配しなくていいよ。」
といってもらえるのと、

「へ?何で失敗しちゃうのかなぁ、わかんないなぁ。僕はそんなことで失敗した事ないからなぁ。」
と言われるのではどう違う?

そうそう、リーダーが失敗するのは、
いつか、誰かの心に繋がるホットラインをいくつも持つためなんだ。誰も一人で生きているわけではない。
そして成功を目指す人はなおさらだ。
そして成功する事において自分がリーダーである事はとても重要なんだ。もちろん役職や任命されただけのリーダーは本当のリーダーとは限らない。

本当のリーダーはまわりの人が自然についていきたくなってしまう、影響力を持った人だ。今の会社を辞めてもあなたはあなたの部長についていきたいか?もしそうなら彼はリーダーだ。(違うなら単なる肩書き君だ)

無冠のリーダー。これこそが本当のリーダーだ。もちろん役職があってもそれに関わらず人々がついていきたいなら、それはリーダーでもある。

たくさんの人とつながり、感情を共有できる事もリーダーの重要な役割。それを得るためにリーダーは、人より先に困難を通っていく必要があるのだ。

だから今困難や、痛みを感じているなら、
ワンダフォー

それはあなたの勲章だ。言語だ。人々とのホットラインだ。
喜んでgetして行こう。

もう一つの理由

成功するために必要な資質は、単に成功する方法を知っているだけではない。ついつい成功してしまうことはあるよ。

大体階段を3歩上って、1段休むぐらいの成長が多い。
そうそう、ちょっとしたスランプは想定内なのだ。
その時に学ぶべき事が、スランプの脱出方法。
落ち込んだ時の回復技を極めるチャンスなのだ。

時々成長が早くて30段ぐらい階段を上ってしまう時がある。
そういう時には落ち込む度合いも激しかったりする。
でもスランプの脱出方法や立ち直る方法を学んでいなかったら。そのギャップは激しい。

そして自信を失って、全ての挑戦を止めてしまう人が多い。
残念だ。よくある話だ。

だから「勝ち方」だけではなく「立ち直り方」を学んでおくことがとても重要。そしてその立ち直り方を実践で学べるのが
小さなスランプの時や失敗をした時だ。
そうそう、それは立ち直り方を色々試して、自分なりの立ち直り方を見つけ出すためにあるのだ。

立ち直るには、呼吸法を変えたり、ちゃんとした姿勢や服装に変えたり、運動したり、
歌を歌ったりダンスをしたり、色々な方法がある。
とにかく、心が快活な時に、ついしてしまっている体の動きを再現してみよう。そして幸せな時に考えていた事を思い出してみよう。

「やったね!このスランプの間に立ち直り方を色々試してみよう。」と言ってみよう。

「どうしたら、楽しみながらこのスランプから早く立ち直れるだろうか?」と質問してみよう。

「色々なパターンを試してみるいいチャンスだ!さあ、今度はどんな方法が立ち直りやすいかな?」と質問しよう。

パワーボキャブラリー
「リーダーは 人より先に痛みを経験する」
「ちょっと苦しい経験は、誰かを励ます力になる」
「落ち込んだ時はチャンス!立ち直りの達人になる!」

成功に必要なのは、立ちなおる力をつけること。
そしてその力を本当につけられるのは、実際に失敗した時や落ち込んだ時なのだ。

だから落ち込んでいたら

君はますます成功する力を得られる絶好の場所にいるということだ。

人生はますます楽しいね。

さて今日どんな新しい決断をしたら、人生が劇的に変わり始めるだろうか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る