態度は人格を現さないし、表わさない。>タクシー王の物語

態度は人格を現さないし、表わさない。>タクシー王の物語

昨日のブログへのセルフコメント

タクシー運転手さんの態度に、腹が立っているわけじゃないんだ。
ただ、自分が相手より優位な立場に立った時
ストレスもかかると、
あっという間に、偉そうに正義になってしまうって面白い!って事です。

でもそういう人を見て、
自分が相手より正義があると思ってしまわないように
それこそ同じ態度だもんね。

「われこそはより正しい。」

言いなおさなくちゃね。

「われこそは私の世界観の中では一番正しい。」

でも人の態度は一時的!って覚えておいて方がいいよ。
もちろん態度は人格の現れだから、
影響を受けないとはいいきれないけれど、
態度=人格と断定的に考えないほうが、いいかも。
態度は参考になるけど、
アイデンティティーじゃない。

だからお金持ちのなるのも人格じゃなくて態度
そして態度は変えられる。
そしていつか態度が人格に影響を及ぼしていく。

まるで役者の性格と、役柄の性格の違いみたいに違うもの。
でも影響は与えられる。

キャラ分けもそうだけど、
相手の態度やキャラクターは、
単なる一つの参考資料であって、答えではないし、キャラに頼りすぎない事。

ここから以下は昨日のコメントへのコメントです。

================================================

彼の態度はいつもじゃないと思うよ。
誰でもたまには、あると思います。
こういう事は、たまにはある。
でもそれは、その人自身じゃないんだ

態度は、人格を現さないし表わさない。

態度は一時的で
アイデンティティーじゃない。

自分の正しさは、
自分の世界観の現れで、
相手の態度は相手の世界観
というだけ。

ただ学ぼう。
相手の世界観

================================================

今は福岡。
福岡の人は暖かいなぁ。

東京から離れて、地震とは少し離れたところにいるけれど、
TVなどで状況を見るたびに、びっくり。

世界中の仲間たちから何十通も安否確認メールが来てる。
こういう時にすぐに心配してくれるってうれしいね。

僕ら(億万長者の仲間達)にできる事を相談しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る